自動見積もりシステムを導入したテラス屋根・ベランダ屋根専門サイト!工事も承ります! 激安で掲載中のお見積りパターン数:28,330パターン
テラス屋根・ベランダ屋根の品揃えネットショップ最大級!あなたのエクステリアパートナーキロ

テラス屋根・ベランダ屋根専門店【激安工事キロ】 お問い合わせ メール相談はこちらへ 無料現地調査
テラス屋根・ベランダ屋根安心購入の秘訣
ご案内:新型コロナウイルスへの当社の取組について
6 メーカー   28,330 商品
テラス屋根を初めて購入される方へ テラス屋根の選び方 テラス屋根セール会場 木調テラスセール 取扱いメーカー日本最大級






施工事例
協力施工業者様募集
施工エリアについて 当社独自のダブル保証商品2年保証工事10年保証 支払のバナー「現金 VISA MASTAR 分割」これでお願い
テラス屋根で紫外線対策
サンルーム・テラス囲い専門店
ウッドデッキ専門店
テラス屋根ご依頼の前に
テラス屋根検索ツアーの前にご確認ください!
相見積り大歓迎
最低価格保証!
相見積もり大歓迎!
まずはお見積りをご用命ください
お気軽にお問い合わせ・ ご相談ください。 shop blog 最近の投稿
インフォメーション

ベランダ屋根を設置してみよう

ベランダ屋根を設置してみよう
最近は2階のベランダにテラス屋根を設置される方が非常に多くなっています。当店の施工実績でも1階が 70%くらいに対して2階は30%くらいの感覚で設置されています。特に都市圏ではその傾向は顕著で、もともと 1階に庭が無いので2階に設置させることが多いのと、防犯上2階の方が安全だと思われているようです。
また、2世帯住宅の場合、1階は親夫婦、2階は息子夫婦という風に生活圏が分かれているときにも、それぞれに物干しスペースがあると便利ですよね。
そんな大人気のベランダテラスを今回はテラス屋根専門店のキロが徹底的に解説していきたいと思います。

2階テラスの特徴

2階テラスの特徴

まずこのテラス屋根は、地面に柱を設置できない為、ベランダの側面に柱を止めます。上図ご確認ください。
その為、必ず家と固定としなければならず、1階設置のに独立テラスの様に、住宅に傷を付けずに設置することは不可能な商品となります。 またベランダ屋根をDIY(ご自身で施工)ができるかとのお問合せがたまにありますが、こちらは全くお勧めしません。

ベランダから体を乗り出して施工しないといけませんので素人さんのDIYでは不可能です。ご年配のプロの職人さんも 歳をとられるとみなさん2階への施工はしなくなっていく工事です。
屋根の出幅は、いくらでも出せるのではなくベランダから約30センチが限界ですね。
これは施工する際に職人さんの安全確保の部分とテラスの商品強度によるもので通常は10センチから20センチ くらいが設置可能な大きさとなります。こちらの大きさは素人では測るのが難しい為、無料現地調査をさせていただきプロが採寸し最適なサイズをご提案いたします。

最近では平野部でもドカ雪が降ることがあり、お客さまの中でも積雪強度を気にされる方が多くなりました。
ベランダテラス屋根の積雪強度は、20センチ、50センチ、100センチとありかなり雪が降る地域でもご対応が可能です。
ただし積雪強度を越したテラスの上の雪は必ず雪を落としてください。下記資料はLIXILのスピーネですが どのメーカーもほとんどの機種でご対応できます。

地域の積雪量に応じた耐積雪強度

2階テラスの選び方

2階テラスの選び方

2階用のテラスの選び方はまず大きく2種類あります。一つは柱の有無です。柱なしタイプは壁面のみに気をつければよいので、 わかりやすいという側面がありますが、奥行サイズに条件があることと、同サイズの他のテラス屋根と比べて高価になるというデメリットがあります。
そのため、当店でも先ほど紹介した柱奥行タイプでの設置がほとんどです。
こちらのテラス屋根ですが、基本はバルコニーのサイズで、取り付けできるテラス屋根のサイズが決まります。
これは先ほど紹介したバルコニー奥行が関係しています。バルコニー壁より短いと柱が届かないし、出すぎると強度がもたないというわけです。 幅に関しても洗濯物干しをすることが目的となりますので、竿の長さ(平均3m前後)を考えると、1.5間(2.7m)~2.0間(3.6m)がおすすめのサイズとなります。
積雪強度については、お住まいの地域によって変わりますので、先ほど紹介した地図や、ご近所様のテラス屋根を観察して判断するのが確実かと思います。 また土地が高い場所にあると、風が強くなるため強度が高いテラス屋根を選ぶ方が良いかと思います。
また忘れてはいけないのが竿掛けです。これは物干し竿を通すためのオプションですが、2階用ですと、吊り式がおすすめです。 バルコニーはあまり奥行寸法に余裕がないため、できるだけ上に固定物を逃がしたいためです。

というわけで、テラス屋根の選び方としては、幅以外の要素は建物の形状や立地条件でほとんど決まります。
その上で、おしゃれなデザインにしたい場合に木目調デザインを選ぶなど、個性を出していけばよいかなと思います。

2階テラスの施工事例を確認しよう!

2階テラスの施工事例

「引っ越してきたばかりで、近くの地域にお住まいの方がどんなテラスをつけているかわからない・・・」という方は、 こちらのテラス屋根専門店のキロの施工事例をチェックしてみてはいかがでしょうか。
1,000件以上レビューを確認することが可能です。ほとんどの現場で、お客様が撮影してくれた自慢の写真もついているので、非常にわかりやすいかと思います。
また設置した県ごとに並び替えをする機能もついておりますので、テラス屋根の種類や強度など迷っている方にはぴったりです!ぜひ一度ご確認ください。

施工事例

ベランダ屋根の価格ってどれくらいなの?

ここでは一番よく出るサイズ1.5間×4尺のサイズを各メーカーの主力商品をご紹介したいと思います。
ベランダ屋根は、1階と違いスペースが限られているので、だいたい1.5間か2.0間のサイズで出幅は4尺が ほとんどですね。

ベランダ屋根の価格ってどれくらいなの?
YKK AP
YKK APソラリア躯体式バルコニー屋根 YKK APサザンテラス躯体式バルコニー屋根 フレームタイプ
YKK APソラリア躯体式バルコニー屋根 
関東間 間口:1.5間(2760mm) 出幅:4尺(1170mm)
屋根/ポリカーボネート 積雪:20cmまで
メーカー希望小売価格 173,232円(税込) 55%OFF!
キロ工事費込特別価格 90,150円(税込)
YKK APサザンテラス躯体式バルコニー屋根 フレームタイプ
関東間 間口:1.5間(2780mm) 出幅:4尺(1170mm)
屋根/ポリカーボネート 積雪:20cmまで
メーカー希望小売価格 274,320円(税込) 50%OFF!
キロ工事費込特別価格 145,714円(税込)
LIXIL スピーネ造り付け屋根タイプ LIXIL シュエット造り付屋根タイプ
LIXIL スピーネ造り付け屋根タイプ
関東間 間口:1.5間(2750mm) 出幅:4尺(1185mm)
屋根/ポリカーボネート 積雪:20cmまで
メーカー希望小売価格 171,396円(税込) 50%OFF!
キロ工事費込特別価格 85,320円(税込)
LIXIL シュエット造り付屋根タイプ
関東間 間口:1.5間(2730mm) 出幅:4尺(1185mm)
屋根/ポリカーボネート 積雪:20cmまで
メーカー希望小売価格 251,640円(税込) 45%OFF!
キロ工事費込特別価格 147,110円(税込)
三協アルミ
三協アルミ アールビュー造り付屋根タイプ 三協アルミ ナチュレ造り付屋根タイプ
三協アルミ アールビュー造り付屋根タイプ
関東間 間口:1.5間(3040mm) 出幅:4尺(1214mm)
屋根/ポリカーボネート 積雪:20cmまで
メーカー希望小売価格 150,552円(税込) 50%OFF!
キロ工事費込特別価格 95,861円(税込)
三協アルミ ナチュレ造り付屋根タイプ
関東間 間口:1.5間(2775mm) 出幅:4尺(1214mm)
屋根/ポリカーボネート 積雪:20cmまで
メーカー希望小売価格 226,908円(税込) 50%OFF!
キロ工事費込特別価格 159,999円(税込)
四国化成
四国化成 バリューテラス バルコニータイプ
四国化成 バリューテラス バルコニータイプ
関東間 間口:1.5間(2598mm) 出幅:4尺(1120mm)
屋根/熱線遮断ポリカーボネート積雪:20cmまで
メーカー希望小売価格 170,856円(税込) 50%OFF!
キロ工事費込特別価格 94,868円(税込)

もちろんここにある以外にも、たくさんの商品とサイズがあります。
「自宅のバルコニーにあったサイズのテラス屋根の工事付価格が知りたい!」という方は、簡単!見積シミュレーションを使って価格を調べてみてはいかがでしょうか。
サイズだけでなく、物干しやパネルなどのオプション品も含めた工事代を知ることができ、無料のシステムながらなかなかに高性能です。
30,000点を超える組み合わせから、あなたにおすすめのテラスを厳選してご紹介することができます。きっとご満足いただける激安価格を見ることができるはずです。

無料見積シミュレーション

ベランダ屋根の人気オプションのご紹介

No1竿掛けセット

No1竿掛けセット
No2 前面パネル
No3 側面パネル
No2 前面パネル No3 側面パネル

テラス屋根の人気ランキング

結局どのテラス屋根が良いの?と迷っているあなたにおすすめなのが、人気ランキングです。

まずは人気商品のスペックを確認して、テラス屋根について勉強してみるのも手です。 当店では価格と実績の観点から、YKKAPのヴェクターシリーズが一番人気となっており、次に耐風圧強度を気にする方がリクシル(旧トステム)のパワーアルファを選ばれているという傾向が見て取れます。

よろしければ参考にしてみてください。

売れ筋のウッドデッキはこちら

よくあるベランダ屋根のQ&A

 Q 施工するのにどれくらい時間がかかるものなの?
 A 基本1日で施工は終わります。

 Q ベランダ屋根の耐久年数はどれくらいあるの?
 A 10年は持ちますが、それ以降は設置状況や使用状況によって変わります。

 Q ポリカーボネート屋根って割れないですか?飛んで行かないですか?
 A 昔の様にアクリル板の様に割れたりすることはなくなりました。その為、飛んでいくことの非常に少なくなりました。

 Q みしみし音がするって聞いたけどホント?
 A ホントです。気温差によってポリカーボネートが収縮ゆることで音が出ます。

 Q ベランダテラス屋根を設置すると住宅の10年保証が聞かなくなると聞いたのですが?
 A こちらは一度ハウスメーカー様にご確認ください。

 Q へーベルハウスのようなALCの壁材なのですがベランダ屋根設置できますか?
 A できません。ALCは当店では施工をしておりませんので一度ハウスメーカー様とご相談下さい。

さいごに

ここまで2階用のテラス屋根についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

選び方から始まり、特徴や施工事例、価格やオプション品の紹介など幅広くお伝えできたかと思います。

しかしこれらはあくまで一般論となります。もしよろしければ、一度プロの施工スタッフに現地調査を依頼してみてはいかがでしょうか。

プロの目から見た取り付け可能なサイズの確認やカラーサンプルのチェックなどを無料で行うことが可能です。

当店で工事をおこなうと10年の工事保証が付きますし、今ならWキャンペーンということで、激安価格で便利な2階用テラスを設置することができるかもしれませんよ。

無料の現地調査を依頼する