テラスにDIYで塗装するなら絶対知っておくべき2つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋外に位置するテラスの見た目は非常に重要です。テラスの色が退色してきた、新たなムードを取り入れたい、といった場合はDIYでテラスの印象を変えてしまいましょう。

テラスは、好みに合わせてDIYで自分好みのものに作り替えてしまえるのも魅力のひとつです。

今回は、テラスをDIYで塗装するうえで知っておくべきポイントを解説します。

 

 

テラスを塗装するメリット

テラスは日々使っていくなかで汚れていったり傷ついていったりしてしまいます。

汚れや傷はテラス全体の雰囲気に直結してしまうだけでなく、雨風による劣化も早めてしまうため、定期的な改修は必要不可欠です。

 

ウッドデッキやテーブル、椅子などといったテラスでよく用いられるものは、塗装することで新品同様の雰囲気を醸し出せます。

DIYなら自分好みのデザインへと生まれ変わらせることも可能です。

 

 

テラスを塗装する際の5つのコツ

テラスを塗装する場合には、いくつかのコツがあります。これらを踏まえて行わないと、印象が悪くなってしまったり、却って寿命が縮んでしまったりといったことになりかねません。しっかりと把握しておきましょう。

 

1. 塗装は必ずよく晴れた日に行う

塗装するうえで必ず気を付けておきたいのは、天候です。塗料がしっかりと乾くようによく晴れた日に行いましょう。雨の日は当然ダメですが、あまり日差しが入らない曇りの日も避けたいところです。塗装が乾きにくく雨も降るかもしれません。

 

 

2. 木材には防腐剤を活用する

ウッドデッキやテーブル、椅子など、材質が木材のものであれば防腐剤を使用することも大切です。

木材は性質の関係上どうしても水を吸い込みやすいですが、防腐剤を用いることで腐食を防ぐので、きれいな状態を長く保てるようになります。

 

 

3.塗装前にしっかり汚れを落とす

塗装を行う際は、すぐに塗料を塗り始めてはいけません。なぜなら、ウッドデッキやテーブルには土やホコリなどの細かい汚れが付いているからです。

汚れが付着した状態では、綺麗な仕上がりにならないため、塗装前にしっかり汚れを落とすようにしてください。

木材に付着した汚れを落とす際は、濡れた雑巾などで磨くのが基本です。頑固な汚れが付着していて水拭きでは洗い落とせない場合は、中性洗剤を用いても構いません。

ただし、洗剤が残ってしまうと塗装の仕上がりが悪くなる恐れがあるためしっかり洗剤を洗い流すようにしてください。

 

 

4.研磨紙で綺麗に磨く

汚れを綺麗に除去した後に、研磨紙で木材を磨くと、綺麗な木目が現われます。この状態で塗料を塗布すると、木材にムラなく塗料が浸透し、綺麗な仕上がりになります。少し面倒に感じるかもしれませんが、このひと手間で仕上がりが良くなるので、ぜひ試してみてください。

 

研磨紙で磨くのが大変な場合は、電動研磨機を使用するのも良いでしょう。電動研磨機を使えば、力を入れることなく、木材を磨き上げることができます。

 

 

5.木材を十分乾燥させる

木材が湿った状態では、塗料が浸透しないため、木材の耐久力、耐候力を塗装で上手く高めることができません。ゆえに、塗装を行う前に、木材をしっかり乾燥させましょう。

事前の水拭きで汚れを落とした後に、1日ほど放置すれば、木材は乾いた状態になります。ただし、その日の天気にも左右されるので、余裕があるのならば、3日程度置いて乾かす事をおすすめします。

 

 

テラス用の塗料の選び方

テラスで用いる塗料は、好き勝手に選んではいけません。誤ったものを使用すれば、上手く塗装できなくなります。基本として、前回使用した塗料と同じ種類の塗料を使用することを心がけましょう。

 

木材に使用する塗料には油性と水性の2種類があります。当然、油と水では性質が異なるので前回と違う性質の塗料を使用してしまうとうまくなじまない可能性があります。

 

また、使用する塗料は木材保護塗料がおすすめです。植物由来の成分が含まれており、環境や人の体にも影響が出にくくなっています。

 

 

防カビ・防藻性を持つのかもチェックしよう

塗料の中には、防カビ・防藻性を有するものも販売されています。テラス用の塗料を選ぶ際は、この防カビ・防藻性の項目もチェックする事をおすすめします。

テラスの木材は、屋外にあり、雨で湿った状態になる事は避けられません。湿った状態はカビや藻にとって絶好の環境です。そのため、テラスの木材は、カビや藻が繁殖して、不衛生になりがちです。

防カビ・防藻性を持つ塗料を塗装すれば、カビや藻の発生を抑制できます。テラスの手入れを楽にするためにも、塗料を選ぶ際は、防カビ・防藻性があることを忘れず確認しましょう。

 

 

自分好みに作り変えられるDIY塗装で理想のテラスを作りましょう

 

テラスの再塗装を業者に依頼すれば新品同様の出来栄えが期待できます。

しかし、費用が気になったり、純粋に自分でもやってみたいと思ったりするのであれば、DIYで塗装してしまいましょう。もし完璧な仕上がりを望むのであれば、プロに依頼する方が安心です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。