テラス屋根を自転車置き場用に設置するメリットと注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

サイクルポートを作るほど土地に余裕がないという方は、

テラス屋根を自転車置き場用に設置するという方法がおすすめです。

今回は、テラス屋根を自転車置き場として利用するメリットと注意点、

おすすめのテラス屋根について詳しく解説します。

 

 

 

 

 

自転車置き場としてテラス屋根を活用するメリット

 

テラス屋根を自転車置き場として活用するメリットは主に2つあります。

 

・1. 狭い土地でもサイクルポートを設置できる

テラス屋根を使えば、

サイクルポートを設置できないような狭い土地であっても快適な自転車置き場が完成します。

敷地がそれほど広くなかったり、隣のお宅との隙間が狭かったりする場合には

その狭い土地を使って自転車を停めなければなりません。

テラス屋根なら隣家との間にあるデッドスペースを使って自転車置き場を作ることも可能ですし、

サイクルポートよりも低予算ですみます。

 

・2. 利用方法がいろいろある

別のメリットは、サイクルポートではできない利用方法がある点です。

サイクルポートはある程度の広さが必要であるとともに、必ず支柱を設置しなければなりません。

しかし、テラス屋根の場合 家の壁を利用して設置する支柱のないタイプも存在するため、

サイクルポートが設置しにくい場所にも設置できるのです。

玄関の横にテラス屋根を設置すれば、雨に濡れずに家に入ることができるスペースとなりますし、

ベランダの側に設置すれば雨でも洗濯物が干せるスペースとして活用できます。

 

 

 

テラス屋根に自転車を置く際に注意すること

 

テラス屋根を設置して自転車を置く場合には、盗難に十分注意しましょう。

テラス屋根はそもそも自転車置き場に設置するために作られているわけではありません。

サイクルポートには輪止めが付いているものが多く、十分な盗難防止策が取られていますが

テラス屋根には付いていないので自分で対策を講じることが必要です。

 

とくに玄関わきや入口にテラス屋根を設置するのであれば、

ワイヤーロックやチェーンロックをつけて自転車を守りましょう。

 

 

 

自転車置き場におすすめなテラス屋根を紹介

 

自転車置き場に最適なテラス屋根を3つご紹介します。

 

・リクシル スピーネ1.0間×10尺 テラスタイプ

シンプルなデザインではあるものの、狭い空間にもぴったり収まるので

狭い土地でも自転車置き場をすぐに設置できます。

 

 

・YKKAP テラス屋根 ソラリア

奥行きが2970mmとやや大きめなので、複数台の自転車も設置できるでしょう。

自転車置き場と洗濯物を干す場所を兼ねることもでき大変便利です。

 

 

・リクシル パワーアルファ ルーフタイプ

耐風圧にこだわった、壁に設置するタイプのテラス屋根です。

柱がないので見た目がすっきりとします。非常に狭い場所でも設置可能というのもメリットです。

 

 

 

 

テラス屋根を使って快適な自転車置き場を作りましょう

 

テラス屋根を自転車置き場に使うというのは、あまり知られていない発想です。

しかし実践してみて、とても便利だと感じる方は少なくありません。

ぜひテラス屋根を上手に活用して、快適な自転車置き場を設置しましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。