壁に穴をあけないで設置できる独立テラス屋根って知ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の壁に関する話題はエクステリア業界としても避けて通ることはできません。

住宅の工法や壁の保証、長期優良住宅やZEH住宅など様々な住宅事情があります。

そんな住宅事情の中で、「お庭に屋根が欲しい!」とか「ウッドデッキの上を屋根で覆いたい!」という場合にこれまで人気だったテラス屋根がおすすめできないことも増えてきました。

なぜかというと「保証」や「住宅性能」に関する問題が出てくるからです。

テラス屋根の問題点とは?

そもそもテラス屋根といえば、このようなイメージのものが思い浮かぶかと思います。

画像の通り、お家の壁面から屋根を出すことで、雨の日でも安心して洗濯物が干せたり、カフェテラスのような雰囲気を楽しんだりできます。

日々の生活を充実させてくれるエクステリアアイテムの一つですね。

ではなぜ問題が出てきてしまうのでしょうか?

それは「お家への加工が必要」だからです。

お家への加工とはなにか?

そもそもテラス屋根というのは柱だけで支えているわけではなく、「垂木掛け」と呼ばれる部材をお家の外壁にネジで打ち付けて接続し、それに対して屋根や枠を組んでいくわけです。

これが打ち付けられないような外壁だと、当然施工ができなくなってしまいます。

カーポートの柱ほど太くないため、柱だけでは支えられず強度不足というわけです。

しかしこのネジで打ち付けるという行為が問題になることがあるのです。

まず商品自体の問題としてメーカー、あるいは商品によっては「木造や重量鉄骨の住宅にしか設置できません。」とカタログに記載があったりします。

そうすると、軽量鉄骨などで造られた住宅やマンションなどには設置できないということになってしまうんです。

また鉄骨系やへーベルなどのALC外壁には取り付けることすらできません。

テラス

これがクリアできるような状態だったとしても、今度は打ち付ける側の問題もあります。

例えば「長期優良住宅」の認定を受けている住宅などは、その認定がおりた後にテラス屋根などの構造物を付けると認定が取り消されてしまう場合があります。

認定を受ける際にテラス屋根を含んだ状態での申請でないため、当然ですよね。

またハウスメーカーさん独自の基準で壁面保証などがある場合も、その保証がなくなってしまうことがあるんです。

どうしても壁に穴はあけたくない!

もちろん事前に予算を組んでいて、お家を建てる際に一緒に施工できれば一番いいのかもしれません。

ですが実際に暮らしてみて初めて「お庭で洗濯物を干したいので屋根が欲しい」とか「ウッドデッキの上でくつろぎたいので屋根が欲しい」といった思いが出てくることもあります。

とはいえ絶対に壁に穴はあけたくありません。

そんな場合どうしましょう?

答えは簡単です。

ネジで固定しなければいいんです。

いやいやさっき「カーポートの柱ほど太くないため、柱だけでは支えられず強度不足」っていったじゃないか!

そう思われる方もいらっしゃると思いますが、この「壁には穴をあけたくないから柱だけで建てたいけど柱だけじゃ強度不足だよ問題」を解消する方法があります。

 

解決策:カーポートをテラス屋根の代わりに使う

テラス屋根もカーポートも大まかにいえば屋根と柱でできています。

カーポートは駐車場に独立して設置するため、当然ながら打ち付けを前提とした商品ではありません。

そのためテラス屋根の代わりに雨よけとして使うことも可能です。

とはいえ完全に代わりにはなりません。

大きすぎる!

テラス屋根に使うにはカーポートは大きすぎることが多い商品です。

大きなテラス屋根を検討している分には問題ないのですが、小さい場合には切りつめ加工が必要となってしまいます。

壁と屋根の間に隙間ができる!

カーポートは壁際に設置することを想定した商品ではないため、壁面にぶつからないように少し離して建てます。

そのため壁との間に隙間ができてしまいます。

 

解決策:独立テラスを使う

「独立テラス」とは簡単に説明すると、ネジによる打ち付けをする必要がないテラス屋根のことをいいます。

「必要な強度が保てないのでは!?」と思われるかもしれませんが、その点は大丈夫です。

通常のテラス屋根の2倍近く、カーポートなどの独立で建っているものと同じだけの柱が用意されています。

でも先ほどカーポートの場合にお話した外壁とテラス屋根の隙間はどうなるのか?と疑問に思われると思いますが、これも大丈夫。

このような樹脂製のすき間ふさぎ材があります。

 

どんなものがあるの?

独立テラスは各メーカーそれぞれが工夫をした商品を出していますので、ざっと見ていきましょう。

YKKAP レセパ

YKKAPレセパLタイプ

YKKAPレセパTタイプ

国内製造にこだわるYKKAPの独立テラス屋根の最新機種です。

LタイプとTたいぷがあり、Tタイプは柱の位置が横から見ると屋根のちょうど中央にくるのが特徴的でそのバランス性から比較的大きな奥行に対応できるので広いお庭でも使用感は抜群です。

奥行は4尺~6.6尺というサイズまで4種類あります。

三協アルミ セパーネ

セパーネ

こちらは4尺~6尺と少しとんで9尺というサイズ設定がある商品です。

柱の位置は少し住宅よりになっていますね。

すき間カバーがテラスに取り付けるものと外壁に取り付けるものの2通りがあるのが特徴です。

三協アルミ レボリューD(旧:メニーウェルD)

レボリューD

2017年発売が開始された比較的新しい商品です。

セパーネと違い柱の位置を手前に持ってこれるので通常のテラス屋根のような使用感となりますね。

LIXIL フーゴF テラスタイプ

フーゴ Fテラスタイプ

こちらも最近発売されたLIXILの商品となっています。

これまではTOEXのアーキフィットミニ独立型、TOSTEMのエックスルーフ独立型と社内ブランドから2種類のテラス屋根が発売されていましたが、これを一つに統合し、LIXILブランドとして発売した商品となります。

四国化成 バリューテラス 独立式

terrace roof

フラット屋根、アール屋根選べるタイプの独立テラスです。

サイズ展開は3尺、4尺、5尺の3種。住宅側に柱が建つのが特徴です。

それぞれわかりやすいほどに違いがありますので、是非比べてみてください。

 

独立テラス工事付の価格を詳しく知りたい!

壁に打ち付けしないテラスについて概要を理解したら、次は工事付の価格を知りたいと思うのではないでしょうか。

そんなあなたには、キロの簡単!無料見積シミュレーションがおすすめです!

1分でご希望にあった独立テラスの工事付価格を調べる事ができちゃいます。

わずらわしい会員登録などを行う必要もございませんので、価格調査や取り付けのご検討に、ぜひご活用ください。


外壁への打ち付けが困難な現場ではこのような独立テラス屋根をオススメさせて頂いております。

ネットショップキロ テラス屋根専門店ではこれらの商品をお値打ち価格で工事も含めて販売しています。

概算見積りはサイト内で出来ますし、現地調査も無料となっています。

ご不明な点などありましたらエクステリアのプロがしっかりとご説明させて頂きますのでご安心ください。

それではみなさんよいガーデンライフを。

 

テラス屋根専門店のキロでは日本全国でたくさんの施工実績がございます。

テラスアンケート

独立テラスのおすすめ

●ビス固定不要!独立式テラス屋根をもっと詳しく調べたい方向けコンテンツ


独立式テラス屋根の特徴や売れ筋ランキング、工事付価格の目安などをまとめて紹介

独立式テラス屋根 特別セール会場



●ダウンロード不要のカンタン!自動無料見積システム


会員登録もアプリのダウンロードもいらない簡単!無料見積シミュレーションを使って、わずか180秒で独立式テラス屋根の工事付価格を確認することができます。

テラス屋根の自動見積を開始するテラス屋根の自動見積を開始する



●見積価格を知る前に。施工事例でイメージを膨らませよう!!


テラス屋根の施工事例集を見るテラス屋根の施工事例集を見る



●テラス屋根をDIYで組立したい方はコチラがおススメ!


テラス屋根の商品販売専門店のキロテラス屋根の商品販売専門店のキロ



●LINEでお手軽簡単問合せ


キロの公式ライン開設しました!ブログの内容についてのご質問、ウッドデッキ設置の相場、なんでも結構です。LINEにてお気軽にご相談下さい。即日回答させていただきます!


LINEで問合せをする


テラス屋根専門店のキロに移動する