ベランダはDIYで補強できる?その方法や注意点を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常に雨や風にさらされるベランダは、建物の中でも劣化しやすい場所です。

リフォームするほどではないけど補強したいという場合は、DIYを検討してみましょう。

本記事では、ベランダの補強方法とベランダのDIYの注意点などについて解説します。

 

 

ベランダはDIYで補強できる?

ベランダの床の塗装が剥がれていると、そこから水や汚れが浸水してベランダのさらなる劣化につながります。

放置しているとベランダの基礎の部分まで劣化が進み、プロの業者に修繕を依頼しなければならなくなります。

ベランダのDIYは不可能ではありませんが、基礎部分の修繕は自力で行うのは難しいでしょう。

あくまで床や壁の塗装のトップコートが浮いている、触れるとボロボロと剥がれるなどの劣化が見られる場合のみ、ベランダ補強のDIYを考えましょう。

 

ベランダをDIYで補強する方法・注意点

ベランダをDIYで補強する場合、まずはベランダを洗浄しなければなりません。

家庭用の高圧洗浄機を用いて表面の汚れを徹底的に除去し、塗料をなじませやすくします。

次に、塗装の表面を研磨していきます。

表面の汚れだけでなく小さな凹凸も均一にしたら次は溶剤を使い、表面のワックスを除去していきます。

その後プライマーを塗布し、最後にトップコートを塗っていきます。

プライマーは均一に塗らなければトップコートのノリが悪くなります。

プライマーとトップコートの塗装は、一日でスピーディーに済ませる必要もありますので時間がかかりすぎないように注意しましょう。

 

 

ベランダ補強をプロに頼んだほうが良い場合

ベランダをDIYする方法はいくつかありますが、先述のとおり床や壁自体がひび割れている場合だと、DIYで補強するのは難しいです。

家の下地から補強しなければならないので、その場合はプロの業者に修繕を依頼しましょう。

また、ベランダの一部分に水たまりができる、ベランダの水はけが悪くなったという場合、

排水管に異常がある可能性があります。この場合も自力でDIYをするのは難しいです。

プロの業者に相談してください。

プロの業者に依頼すると、ベランダの洗浄から始まり、

塗装を一度剥がし、プライマーの塗装、トップコートの塗装と丁寧に仕上げてくれます。

トップコートのみなら2万から3万円で済みますが、

下地からトップコートまですべての修繕を依頼する場合は30万円から50万円ほどかかる場合もあります。

 

 

ベランダの補強のDIYを考えてみましょう

ベランダの床や壁の塗装が剥がれていると、見た目が悪いだけでなく家の基礎部分の劣化にもつながります。

塗装だけならDIYもできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ただし、ベランダ補強のDIYは細かな技術とスピーディーさが求められますので、

無理はせず業者に依頼することもおすすめです。