一戸建て住宅に宅配ボックスを設置するメリット・デメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションやアパートで人気の宅配ボックスですが、一戸建て住宅にも導入する方が増えてきています。

一戸建て住宅に宅配ボックスを設置するメリットとデメリットを比較して、本当に設置すべきかを考えてみましょう。

 

一戸建て住宅に宅配ボックスを設置するメリット

一戸建て住宅に宅配ボックスを設置するメリットを紹介します。

 

1. 不在でも荷物を受け取れる

宅配ボックスの最大のメリットは、不在時でも荷物を受け取れる点です。

共働きで家にいる時間が少ない、不規則な生活をしており日中の対応ができない、家を開けていることが多いなどの事情があっても、気軽に荷物を受け取れます。

 

2. 宅配業者と対面せずに済む

在宅時は部屋着で過ごす方も多いでしょう。気を抜いている姿を宅配業者に見せたくない方にも、宅配ボックスはおすすめです。

入浴中や料理中など、家にいながらどうしても対応できないときも、宅配ボックスがあれば対面せずに荷物を受け取れます。

 

3. 不審者の侵入を防げる

宅配業者を装った不審者の例はあとを絶ちません。小さな子どもがいたり、日中は女性だけであったりするご家庭も多いでしょう。

宅配ボックスは荷物を直接受け取らなくて済むので、防犯対策をより徹底したい方からも人気です。

 

一戸建て住宅に宅配ボックスを設置するデメリット

一戸建て住宅で宅配ボックスを設置する際に知っておきたいデメリットを解説します。

 

1. 宅配ボックスに投函できない荷物もある

食品や大きな荷物などは、宅配ボックスに投函してもらえません。荷物の取り違えなどのトラブルを防ぐため、宅配ボックスへの投函を禁止している宅配業者もあります。

また、一戸建ての宅配ボックスは珍しく、宅配業者が気づかずに荷物を持ち帰ってしまうケースもあるようです。

 

2. 設置場所の確保が必要

宅配業者が気づきやすい場所で、なおかつ宅配ボックスのサイズに合ったスペースを確保しなければなりません。

玄関が狭い、車の出し入れがあるなどの場合は、設置できない可能性もあります。

 

3. 設置するための費用がかかる

一戸建て住宅に宅配ボックスを設置する際は、宅配ボックスのサイズ・強度によっても異なりますが、数万円から数十万円の費用が必要です。

宅配ボックスの設置を検討する際は、かかるコストについてもしっかり考慮しましょう。

 

一戸建て住宅に宅配ボックスを設置する方法

一戸建て住宅の宅配ボックスの設置方法は、宅配ボックスのタイプによって異なります。

「簡易型」の宅配ボックスは、専用の箱を玄関先に置いて使用します。手軽な反面、盗難被害に遭いやすいため、ワイヤーロックなどの防犯対策も必要です。

小型金庫のような見た目の「設置型」の宅配ボックスは、基礎や外壁などに固定して使用します。

基本的にはアンカー工事が必要ですが、なかには接着剤を使用するタイプもあります。

室内から荷物が受け取れる「埋め込み式」の宅配ボックスは、大掛かりな工事が必要です。新築工事に合わせて検討する方もいます。

 

設置場所と予算に合った宅配ボックスを選びましょう

一戸建てに宅配ボックスを設置すれば、利便性・防犯の面からもさまざまなメリットが得られます。

宅配ボックスは設置場所や予算に合ったタイプを選ぶことが大切です。専門業者に相談のうえ、最適な宅配ボックスを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加